<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 若者のリアル?みたいな。 | TOP | レンタル100円はお手軽すぎる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
実りの秋がだいぶ辛い
梨早朝には霜が降りたりして冬の様相ですが、スーパーはまだまだ実りの秋ですね。

実家では小さい頃からいつも食卓に果物が置いてあり、どれもスーパーで手軽に買える程度の品だけど、ほぼ毎日食べていた。特にリンゴと梨は大好きで、ラフランスなんてお高く柔らかいものではなく、もう歯茎に刺さるくらいパリっと固いのが良い。
母が台所に立ち皮を剥く音が聞こえると、あっ梨だ!と駆け寄るも、夕飯のためのジャガイモだったりしてガッカリする。母に頼まずしてもリンゴを一人で食べたいため、包丁を持つのは結構早かった。

それから突然、中学校の修学旅行でのこと、旅先は青森だったのだが、その帰りの電車に乗ってすぐ1人に1つずつ大〜きなリンゴが出た。ところが早速がぶりと齧り付き、半分くらいを食べたところでどうも唇が痒い。
モゾモゾするのを前歯で噛んだりしていたら、みるみるうち真っ赤に腫れてきてしまった。気のせいか喉まで痒く、息苦しい。慌てて食べるのを止めたのだが、お喋りに夢中になるうちこの時はすぐに治まった。

数日たって、いつものように自宅で梨を食べているとやっぱり痒い、気がする。当時アレルギーなど思いもよらなかったから、また気のせいにして風呂に入り、あがった途端に今度は全身に湿疹が表れた。
半信半疑だった母もさすがに慌てて病院に行くことになったのだが、そこで初めて「果物過敏症」と分かり、ショックなことにもう一部果物は控えた方が良い、とそのまま現在に至っている。

今でこそよく聞く種類のものだけど、当時は誰に話しても信じてもらいにくかった。「リンゴ食べてりゃ風邪ひかない」とお決まりの言葉が日本には昔からあるくらいだから、また無理もないのだ。

ちなみに原因らしいものは今でもよくわからない。成長してから発症したものだから、その美味しさを十分に知っているというのに食べられないのが辛く、そういうわけでこの季節になると果物コーナーの前をダッシュで通り過ぎたりしている。

なんかここまで書いて気づいたけど、最近映画と食べ物ネタばかりだね。書き溜めて途中になっているのが5つくらいあるんだけど、どうにも面白くないの!
ってどこのライター気分だよって感じですが、最近ちょこちょこ拝見しているフリーライター東良美季さんのブログが好きでしょうがない。本当に日々の日常についてなのだが、流れも語尾も文章の締めもすごく心地良いのだ。どうしたって真似できない歴然たるプロの差というものですね。



奥秀太郎監督最新作「USB」
11/28(土)〜一週間レイトショー!
応援ブログ更新中!

日々 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://cinemattic.jugem.jp/trackback/293