<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私も空っぽですが頑張ります | TOP | ブログ移行しました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
最近の日課は就寝前のYouTube
グラントリノ先日旦那に「スペル」を見に行こうと誘ったら断られた私ですよ。いえいいえーい

昨日は肩こりがまだどうにもならんくなってきたので、食事を済ませた後に深夜の銭湯へ。寝起きが幾分楽になって良かった。

先日友人に聞いた話だけど、地下鉄を逃したので深夜ネットカフェにいたところ、隣の部屋から何やら子供の声が聞こえてくる。そこに一緒にいるらしい母親に、「もう帰ろうよ」とグズっているのだが(当たり前だろ)、もうちょっとねー、などと悪びれもせずそのままダラダラいたという。

昨日の銭湯でも、帰ろうとした時には既に午前1時近くなっていたのに、やっぱりいるのだ、小さな子供が。しかもすごい元気。
私には子供がいないから、見た目から年齢をあまり推測できないのだが、幼稚園にはもう上がっているだろう。繰り返して言うけど平日深夜の1時。自分が同じ年齢の頃は、もう20時か21時には寝ていた。それ以降は大人の時間(エロイ意味ではない)と育てられたものだけど、それは昭和の話ですかそうですか。
でもさすがにネカフェでの一件は別だよね。

先日YouTubeで、zonbieのorange先生に教えてもらった「博士の異常な鼎談」、ゲスト町山智浩さんを見る。
めっっちゃ面白い!消されるかもしれないから皆さん早めにね。
アメリカの金融とオバマ政権についてが8割、そしてクリント・イーストウッド監督「グラン・トリノ」に関する話が出てくる。既に見た人はご存知の通り、この作品にはモン族という移民が出てきて深く関わってくるのだが、そもそもこのモン族がアメリカに渡ってきた背景について語っていて、すごく興味深い。

そういったことを知らなくてももちろん映画は楽しめるが、アメリカのある時代の象徴のようなグラン・トリノを、モン族の男の子に譲るという、ただ私が感じた以上のことがそこにはあった。
知りようもなかったことだけど、これを踏まえてもう一度見てみようと思う。DVDにもなっていることだし。
日々 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://cinemattic.jugem.jp/trackback/302