<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
食欲があれば、大丈夫。
南極料理人生憎じゃんじゃん雨の降る土曜、ATTIC事務所から。

今、ホールではオフィスセブン様主催の若手お笑いライブ、「もぎたてせぶん」のリハーサルが行われております。一応マイクは用意しているけど電源入れずに全て生声。すごい声張ってるよ、音楽の使い方も慣れた感じだし、練習積んで仕込んできてるんだろうなあと。

シアターキノで「南極料理人」

「じゃあやるぞ、マージャン!」で幕開けした基地生活の中は、まさにどこかの学生寮のようだった。関わったフードスタイリストは同じ方らしいが、最近の料理系映画で言うと「かもめ食堂」より100倍好きだ。
温かいお昼ご飯のために、大の大人が全力で駆けてきて貪る。「渋谷とか行きたい」、「ラーメン、ラーメンだ!」と、台詞全部がもう本当に心の底からなんだよな〜。

「別にここ(南極)に、メシ食いに来てるわけじゃないからさ。」と言われた後で、ローストビーフを振舞う堺さん(←一回お会いしたことがあるので「さん」付けww。すんごい気さくで素敵な方です。)のエンターティナーかのような表情、そしてラーメンに喜ぶ120%の笑顔!これぞ仕事!!!

だよね〜、ラーメンだよね、とそれしか言葉が浮かばない勢いで一緒に笑っていましたけども。
うーんここはシーンが長いな、と思ったところはあったけど、これ全体で125分程度あるんですよ。90分〜100分程度が多い中で結構な長さだと思うのですが、その間、南極ならではの事件も事故も盛り込まず、かといって雰囲気映画でもない作品に仕上げた沖田監督、すごいぞと思う。

本当に一歩間違えば、精神的にストンと落ちてしまいそうな閉ざされた男8人の生活。

が、オーロラを見て改めて南極にいる意義を問うとか結束を深めるという展開ではなく、とにかく目の前のラーメン。生きているんだから、私たちには目の前のラーメンなのだ。

もちろんこの映画見た後は、一人でラーメン食べに行きましたよ。これで行きたくならなきゃウソでしょ?
そして大好きな矢野顕子の「ラーメン食べたい」をYouTubeからぺたり。チャーシューはいらない、ナルトもいらない、贅沢言わない。でも、ネギは入れてね。


日々 | comments(0) | trackbacks(0)
うちも何か!何か!
只今企画中今年残り忙しくなりそうだなー。

いや不景気にすごいありがたいことではありまして、余計インフルエンザだ何だに負けられない。せめて季節性のインフル予防接種には行っておかなくてはね。
しかも今まで相方に任せていた部分を、否が応でも自分が前に前に出なくてはならなくなり、こっそり言ってみますが、来年はより腰を据えて臨まなければ大変なことになるぞと。
そんな簡単に人は変わらず花も開きませんが、まあ意識の問題ということで。

来週の月曜、ある作品のテストをちょっと爆音(まではいかない)でやってみる予定。何故月曜かというと、ビル2階の「ACT2」さん、3階の「Musica Hall Cafe」さんが定休日なのですね。他の曜日よりは影響が少ないんで。

2階の古着屋「ACT2」さんではちょっと前から店内を改装しているらしく、塗りたての棚などが外に置かれていたりした。先日ドアが開いていたので通りすがりチラっと覗いてみたところ、より明るい感じになって可愛いの!古着屋っていうよりセレクトショップみたいでしたよ?

いかにも古着屋っぽく、所狭しとビッチビチクッタクタに置かれているんではなくて、1着1着が見やすい感じだったなー、余計流行るんじゃないですかね。私も5着くらい置かせてもらおうと思ってるんだけどどうかしら。守備範囲外って断られるかしら。

あとムジカさんも週末コンスタントにLIVE入ってるみたいで、ご飯はおいしいし、実際盛り上がってきてるんですよ長栄ビルが。この古いビルが。お隣の狸小路市場内にも、なんかすごいおいしそうな居酒屋たくさんあるし。

どうなんだうちは、と!
いろんな方がイベントやってくださっているのに、みんな忙し過ぎるにしてもATTIC自体の企画をしばらくやってないですからね。

そんなわけで先日ATTIC内会議だったのですが、この波に便乗して(←便乗する側かい)来年早々の企画をいろいろ話しまして、スタッフ全員がっつり食いついた案が出ましたよ。もう集客どうとか以前に、私達がその期間ATTICに住みたい、くらいの。

まだ内緒!、ですが一週間くらいぶっ続けの方向で是非実現させます。楽しみにしていてください!

まあ後は、いい加減ATTICも看板くらい付けます。多分。
日々 | comments(0) | trackbacks(0)
パートナー制度ってこういうことです
パートナー制度

はいどーもー。
今ATTICでは3人ブログをやっているのですが、先日ATTIC会議の際、みんな自分の好き勝手なことばっか書いてATTIC自体のPRを全然していないよね、という話で。

いや私してるよ、してますよ?しておりますわい!(←思い立ったように)
一般のお客様が企画してくれたイベントの場合、ATTICでその都度違うスタッフがつくので、私の場合例えばそうですねえー、「ネタナイト11」「JAM ART ROOM」「ランジェリーナイトスキン」とかさ!

機材の1つ1つとか、使用用途を概要的に説明していくよりはそれぞれのイベントレポートに越したことないかな〜ってことで、他の「クレイアニメワークショップ」とかどうだったんですかカジタくん。

そんなプレッシャーをかけたところで、今回紹介したいのは個々のイベントについてではなく、「ATTICパートナーシステム」のことです。あるんですよ、こういうのが。
北海道で何か面白い発信活動を行なっている方を対象に、【平日丸一日】を格安でお使いいただこう!!というものなのですがー。

やっぱり何かイベントを開催しようという時、金・土・日の人気が高い。平日も公開こそしていないものの劇団の稽古とか、内輪の上映会や会議などが入るには入りますが、空いている日がちょこちょこあってもったいないのですよ。
ATTICは狭かったりビルの4階にあったりなので工夫が必要ですが、まず大通中心部にも薄野にも近いということで、地の利があること。ちょっと集まろうにも市民センターの会議室では音が出せなかったり、飲食持ち込みが不可だったり、ビデオ見るのもテレビだけって場合が多いですが、その辺の設備は全部クリア!

それではいってみましょう、まず契約内容はこんな感じです。

[料金] 30,000円(税別)
[契約期間] 6ヶ月
[利用可能日] 毎月月曜〜木曜の祝日を除く平日に限り、全日 (9:00-24:00)1日間。
[利用日指定方法] メール等にてご連絡いただき、先着順に予約確定します。

1.北海道にお住まいの方。
2.個人、団体は問いません。
3.料金はご契約時に全額お支払いいただき、利用されない月がある場合も返金は致しません。
4.活動内容によりましては、申し訳ありませんがお断りする場合もあります。


つまりですね、平日(月〜木曜)丸一日を月5,000円で半年間使ってみませんかーという気軽な制度です。公開イベントじゃなく、内輪の交流会などでもOKです。実験的に何かやってみたい方には特にお勧めですね。

さらに良いのは!
「いやー、やっぱり来月は平日じゃなくて週末、もしくは祝日がいいな・・・」という時があると思うのですが、都度5,000円(税別)の割増料金をお支払いいただければ、ご利用いただけます。
通常、休前日・土日祝日の全日利用料金は20,000円(税別)のところ、なーんと半額の10,000円(税別)でご利用いただけるということで、大変お得です!

ささいなことでもご質問いただければお答えしますので、以下『パートナー契約お申込みフォーム』からお問い合せください。

パートナー契約お申込みフォーム

留守にすることが多いのでご見学は日程を調整の上でとなりますが、随時受付しておりますので、どうぞよろしくおひとつ。お問い合せお待ちしてます。
日々 | comments(0) | trackbacks(0)
ぎりぎりだけど女アピール
最近起きた事件の犯人を特定するため、警察があるリストの入手を画策している、とのニュースを読んだ。何のリストかと言うと、付近のレンタルビデオ店で「最近ホラー映画や残虐な映画を借りた」会員情報のことらしい。

生きにくい。
以前「東京残酷警察」を上映した時、1階玄関前にチェーンソーを刺した雪だるまを作ろうかと思ったが、そんなことをしなくて本当に良かった。
・・・なんて「良かった」じゃない、これが許されていいと思ってるのか!
笑っていられないよカジタくん〜変質者が出没した際には、痴漢系AVを借りた人リストが国の手に渡るのだぞ!逃げてー

でも今でこそ笑って見られるが、もともとホラー映画自体が大の苦手だった。小さい頃、いやもしかして高校生になっても、レンタルビデオ店に行くとホラーの棚はできるだけ避ける。真っ黒のジャケットに、いかにもおどろおどろしいタイトル文字、そして見た瞬間夢に出てきそうな「お化け」の顔。
一昔前はホラーや怪奇映像も普通にテレビで放送されていたけど、誤って見てしまおうものなら、布団の中で想像して眠れない。家の小さな画面でも耐えられないのに、まして映画館にわざわざお金を払って怖い思いをしに行くなど理解ができなかった。

それが今ではこんなになりましたよお母さん、と言っても笑いとばせるかそうじゃないかが基準なんだけど、「基準」なんて恥ずかしいくらい極私的なものだから説明するのが難しい。

例えば、「ゆっくり切る」たぐいの拷問作品は手がのびない。ギニーピックとかですね。あと日本特有の湿った恐怖たっぷりな、それこそ「呪怨」なんて未だに伽椰子の顔を知りません。
最近では「呪怨 白い老女」とかあるらしいけど、白い老女て!恐ろしくて公式サイト開けないからリンクも貼れないじゃないの。

が、「白い老女」は怖くても、サム・ライミの「スペル」はもうすっごい楽しみで是非叫びたい。わかるっしょ?なんとなくさ!
だから何が言いたいかっていうと、みんな「スペル」見に行けばいいじゃない。多分あのお婆さん、今の世の中で一番元気あるよね。





奥秀太郎監督最新作「USB」
11/28(土)〜一週間レイトショー!
応援ブログ更新中!
日々 | comments(0) | trackbacks(0)
レンタル100円はお手軽すぎる
EXTENSIONS土曜で映画を見に行こうとしたが、所用につき家にいることにする。仕事のメールが溜まっているものの、もう明日明日・・・とDVD2本。

旧作レンタル100円が始まってからというもの、在庫が少なくて目当ての作品が悉く無い。
そもそも借りたいDVDのタイトルを間違えた。目当ては「君のためなら千回でも」だったのに、勘違いして最初に選んだのが「潜水服は蝶の夢を見る」。あまりの遠さにビックリする。自信なさげに、何か違わない・・・?と息荒くウロウロして、そうだこっちだよー!と手に取ったのが「僕は君のために蝶になる」。
ようやく間違いに気づいたのが再生してから30分後だ。まぎらわしいわね、私が悪いんじゃないよ!キー!

というわけでジョニー・トー監督「僕は君のために蝶になる」、ジョージ・A・ロメロ監督「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」

ジョニー・トーはとても好きだけど、これはだいぶ普通だった。
不幸な事故によって恋人(未満)を亡くし、主人公の女性は自分に原因があったという罪の気持ちから薬に頼る生活を送っているのだが、その恋人が幽霊となって目の前に現れる。本当の気持ちを伝え合うことなく、分かり合うことのないままでは男は天国に行けず、女は生きる希望を得られない。
言わば再生の物語なんだけど、自分との関係に本気だったのか確かめたい、そして父との確執の真意を知りたいという思いがこの男性を幽霊のままにさせている、それがありふれたセンチメンタルさ加減でグッとこなかった。
そしてこの気恥ずかしいタイトル「僕は君のために蝶になる」は、映画の内容を見てつけたのかすごい疑問。全然「君のため」じゃない。

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」は去年の暮れに映画館で見逃していた。もう今やゾンビ映画は8割方途中でどうでも良くなってくる作品が多い中、現代の乾いた風潮を取り入れたエンターテイメントにしているのは面白かった。が、誰でも情報を発信できる世の中で、それは多ければ多いほど良いのか、人々の救いになっているのか、という社会風刺をモノローグで表現するのがダルイ。直接すぎて、ああ乗れない。これがロメロなんだけど。

途中出てくる耳の遠いお爺さんには笑った。持ち歩いているミニ黒板で会話するんだけど、ここからどれだけ中心人物になっていくのかと思っていたら、あっさり死んで登場時間5分くらいwwwww。
自分の役割はこの死に様です!、みたいな潔い「通りすがりの人」っぷりだった。

あと4heroの新譜「EXTENSIONS」がカッコ良すぎますよね〜〜
ストリングスの使い方がほんと上手い!主張しすぎないのに気持ちがグァーーっと上がってもう最高。今まで4Heroは「Two Pages」が一番好きだったけど、久々にヘビロテの予感です。自分の中では、今のところこれ以上のツボが無い。



奥秀太郎監督最新作「USB」
11/28(土)〜一週間レイトショー!
応援ブログ更新中!
日々 | comments(0) | trackbacks(0)